ニュース
» 2005年04月26日 17時44分 公開

Mozilla Japan、脆弱性を修正した「Mozilla 1.7.7」日本語版をリリース

Mozilla Japanは4月24日付けで、7種類の脆弱性を修正した「Mozilla 1.7.7」の日本語版を公開した。

[ITmedia]

 Mozilla Japanは4月24日付けで、Webブラウザとメール/ニュースグループリーダー、HTMLエディタからなるオープンソースのスイート「Mozilla Suite」の最新バージョンとなる「Mozilla 1.7.7」の日本語版を公開した。

 Mozilla 1.7.7は、7種類の脆弱性を修正したセキュリティフィックスリリース。その中には、先日リリースされたFirefox 1.0.3で修正された脆弱性も含まれている。

 中には「javascriptのfaviconsを経由したコード実行」「DOMプロパティを上書きして権限上昇が可能」という緊急レベルの脆弱性が含まれており、Mozilla Japanではあらゆるユーザーに対し早期のアップデートを推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -