ニュース
» 2005年09月01日 17時58分 公開

データセンターで個人情報をお預かり――NTTビジュアル通信

NTTビジュアル通信は、営業所などに存在する個人情報をデータセンターで預かり、操作ログとともに一括管理するサービスを開始する。

[ITmedia]

 エヌ・ティ・ティ・ビジュアル通信(NTTビジュアル通信)は、営業所などに存在する個人情報をデータセンターで預かり、操作ログとともに一括管理する「個人情報お預かり+情報漏えい追跡サービス」を9月から開始する。

 個人情報を保管するデータセンターと営業所など拠点とをVPNで結び、必要なときのみネットを通じて情報にアクセスする仕組み。拠点のPCには、監視用ソフトをインストールし、情報漏えいに備え、操作ログをデータセンターで保管する。操作ログは、定期的に集計・報告するので、情報漏えいが起きた場合の追跡や業務の効率化に利用できるという。

 シンクライアント端末やアークインターナショナルの機密情報漏えい防止システム「SSS Filer」を利用するオプションも用意した。

 初期費用および月額費用は、それぞれ拠点当たり5万円から。小規模な営業所が分散する中堅企業などに売り込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -