連載
» 2005年09月30日 15時52分 公開

Thinlet――GUIでのデザイン・ロジック分離

最近はWebアプリケーションが主流になりつつあるが、デザインとロジックの分離が徹底できるJava用のGUIツールキットを紹介する。

[中津川篤司,ITmedia]

 最近はWebアプリケーションが主流になりつつあるが、多少込み入ったソフトウェアになるとやはりGUIアプリケーションに軍配が上がる。

 開発側からするとどうだろう、GUIはどうもコンポーネントの配置が面倒な気がしてならない。HTMLのほうが描画は楽だと思う。どちらの良さも引き継ぎつつ開発できないだろうか。

 ここで紹介するオープンソース・ソフトウェアはThinlet、Java用のGUIツールキットだ。

Thinlet Thinlet

 ThinletはXMLで画面構成を定義する。メニューやタブ、スライダーなどがテキストエディタから簡単に定義できる。後はHTMLやCSSのような名前で定義されている属性を付加するだけでよい。

 また、各コンポーネントに対してアクションが指定でき、それがJava側のメソッドを呼び出せる。this.value、this.text、this.selectedなどを引数にすれば、プログラム側で容易に利用できる。

 動作も軽量で、使い勝手良く感じられた。何よりもデザインとロジックの分離が徹底できる点がお勧めだ。JavaのGUIアプリケーションを作られている方は検討してみて欲しい。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

content on this article is licensed under a Creative Commons License.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -