ニュース
» 2005年10月17日 14時48分 公開

日本SGIとMCS、Flash Videoエンコーダの販売で協力

日本SGIとメディア・クルーズ・ソリューションはOn2 Flixの販売を開始するとともに、製品案内・販売支援サイト「Flix-J.com」を立ち上げた。

[ITmedia]

 日本SGIは10月17日、メディア・クルーズ・ソリューションとの協力体制により、Macromedia Flash Player 8に対応した業務用エンコーダ製品「On2 Flix」シリーズの販売を開始した。併せて、両社は同製品の販売を支援するサイト「Flix-J.com」を立ち上げている。両社にマクロメディアを加えた3社は先日、Flash PlayerをターゲットにしたWebビデオ配信「FlashVideo」の利用促進に関する協業で合意を発表していた(関連記事参照)

 「On2 Flix」シリーズは、米On2 Technologiesが開発、販売するFlash Video専用エンコーダ製品。

 今回販売を開始した「On2 Flix」シリーズは、「Flix Pro」「FlixStandard」「Flix Exporter」「Flix Power Players」「Flix Engine」の5つ。これらの製品はFlix−J.comからダウンロード購入が可能だが、「Flix Pro」の機能をアプリケーションプログラムに組み込むためのSDK(Software Development Kit)である「Flix Engine」は、日本SGIが販売する。価格は195万円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -