ニュース
» 2005年10月24日 10時28分 公開

iモードメールアドレス7万1000件、海外Webサイトで一時閲覧可能に

iモード用メールアドレス7万1000件を含む32万件のメールアドレスが、海外のWebサイトで一時的に閲覧可能になっていたことが分かった。メールアドレスのリストはすでに削除されているが、ドコモではリストの出所などについて調査中。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 NTTドコモの携帯用メールアドレス(@docomo.ne.jp)7万件を含む、32万件以上のメールアドレスが、Webサイト上で一時的に閲覧可能になっていたことが分かった。すでに該当ファイルは削除されている。

 ドコモ広報部によると、10月7日に財団法人電気通信情報保護推進センターから、「iモード用と見られるメールアドレスが海外のサイトで閲覧できるようになっている」と連絡があり、問題が発覚した。

 調査したところ、“@docomo.ne.jp”ドメインのメールアドレス32万件がそのWebサイトに掲載されており、内10万件が重複していた。22万件の中で、実際にiモードメールとして利用できるものは7万1000件だけだった。また、半角スペースや大文字の英字が入っている、実際にはiモード用メールアドレスとしては登録できないはずのメールアドレスも1760件掲載されていたという。

 ドコモでは12日に該当サイトに削除依頼を出しており、メールアドレスが記載されたファイルは削除されている。検索エンジンのキャッシュについても、20日に削除依頼を出し、削除済み。

 なお、ファイルではメールアドレスだけが羅列されており、ユーザーの名前や住所などの記載はなかった。iモードサーバーには、メールアドレスのみをリストアップする機能がないことから、掲載されていたファイルがどのような性格のもので、どういうルートで露出したものなのか、ドコモでは調査を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -