速報
» 2006年02月01日 08時35分 公開

Cisco、Intel、Oracle、医療記録電子化促進のコンソーシアム結成

ITを使った医療情報の共有・交換促進を目指すコンソーシアムを結成。IT利用に貢献した医師に報酬を支払うプログラムを導入する。

[ITmedia]

 米Cisco Systems、Intel、Oracleの3社は1月31日、ITを使った医療情報の共有・交換促進を目指すコンソーシアム「Silicon Valley Pay-for-Performance Consortium」の結成を発表した。

 コンソーシアムはIT企業やカリフォルニア州の医療団体などが中心となって組織する。医療行為の質と安全性を向上させる狙いで、患者情報と治療や処置に関する情報を提供するシステムを構築。システム化されたプロセスを採用し、ITを使って質の向上に貢献した医師に報酬を支払う「Pay-for-Performance」プログラムを導入する。

 プロセスとIT利用に関して報奨制度を確立することで、電子記録への移行と自動化された意思決定支援ツールの利用促進を図る。報奨金は当初、Cisco、Intel、Oracleの3社が負担する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ