ニュース
» 2006年02月01日 14時12分 公開

ファウンドリー、10ギガ対応のWebアプリケーションスイッチ

ファウンドリーネットワークスは2月1日、レイヤ4-7アプリケーションスイッチ「ServerIronGT」シリーズを発表した。10ギガビットイーサネットをサポートしたのが特徴。

[ITmedia]

 ファウンドリーネットワークスは2月1日、レイヤ4-7アプリケーションスイッチ「ServerIronGT」シリーズを発表した。2月中に出荷される予定。

 ServerIronGTは、データセンターでの音声、ビデオ、データのトリプルプレイサービスのトラフィック制御に応えるため、負荷分散装置として10ギガビットイーサネット(10GbE)をサポートしたことが特徴。

 2U、3モジュールスロットのコンパクトサイズの「ServerIronGT C」と4モジュールスロットで拡張性を持つ「ServerIronGT E」の2機種がある。いずれもDNSベース、IPベースのグローバルロードバランスが可能で、複数サイトでのWebアプリケーションの可用性を確保する。オプションとして、SSL処理の高速化とHTTP Web圧縮による最適化の機能を提供するSSLアクセラレーションサービスモジュールが用意される。

 価格は、ServerIronGT C/Eいずれも10GbE×2ポート、管理・電源各モジュール搭載で約506万円。SSLアクセラレーションモジュールの価格は約126万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ