ニュース
» 2006年02月24日 13時10分 公開

日本エフ・セキュア、Linux上で動くWebアプリケーションファイアウォール

日本エフ・セキュアは、Liuxサーバで動作するWebアプリケーションファイアウォール「F-Secureサイトガード Linuxサーバ版」の販売を開始した。

[ITmedia]

 日本エフ・セキュアは2月24日、Liuxサーバで動作するWebアプリケーションファイアウォール「F-Secureサイトガード Linuxサーバ版」の販売を開始した。

 F-Secureサイトガード Linuxサーバ版は、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど、従来のファイアウォールなどでは防御が困難だったWebアプリケーションを狙った攻撃を防ぐセキュリティ製品。プロキシモードで動作するほか、透過モードで構成することも可能だ。

 パラメータの検査やクッキーの暗号化、セッション管理、クローキングといった複数の機能を通じてWebアプリケーションを攻撃から防ぐとともに、ユーザーの情報漏えいを防ぐ。また、セキュリティ企業のラックが提供する「定義ファイル」を用いることで、容易に攻撃を撃退することも可能だ。なおインタフェースは日本語化されており、Webベースの管理GUIを通じて設定、管理を行える。

 F-Secureサイトガード Linuxサーバ版はRedHat AS/ES/WS、TurboLinuxやMiracle Linux、SuSEなど幅広いディストリビューションに対応しており、価格は1サーバライセンスが178万円。次年度以降のサポートは年額35万6000円となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ