ニュース
» 2006年03月08日 11時24分 公開

β版とCTP版は何が違う?――変わるソフトウェアのリリースプロセス (1/3)

コミュニティ技術プレビュー(CTP)版をリリースすることで、Microsoftはプロセスの早期の段階でフィードバックを得ることができる。ただし、それによって、β版を代替することは容易なことではないだろう。

[Greg DeMichillie,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftは、パートナー各社や顧客が同社ソフトウェアを評価/テストする方法に影響を与えるであろう新たな開発プロセスへの移行を徐々に進めている。この新しいプロセスは、あまり頻繁に発生しないα版やβ版のリリースを、より頻繁なコミュニティ技術プレビュー(CTP)のリリースで代替できる。新しいプロセスにより、Microsoftは開発サイクルのより早期の段階でより多くのフィードバックを得られることになるはずだ。ただし、必ずしも同社が製品を予定どおりに出荷することや、バグを減らして製品を出荷することに役立つとは限らない。

CTPは開発ツールで始まった

 MicrosoftはVisual Studio 2005の開発プロセスの一環として、CTPと呼ばれる一連のプレβビルドを開発者に提供するようにした。こうしたCTPのおかげで、顧客はそれまでのどのバージョンのVisual Studioよりも早期の開発段階で同製品にアクセスすることを可能にした。

βのフィードバックの問題

 CTPをリリースすることは、Microsoftにとって、ソフトウェア開発につきものの厄介な問題の解決に役立つ。特に、製品に何らかの変更を施す時間があるうちに、フィードバックを集めることができる。

 Microsoftをはじめとする多くの大手ソフトウェアベンダーが実践している従来のソフトウェア開発モデルでは、製品のビルドが広く提供されるのはβ段階に達してからだ。すべての機能が設計、実装され、製品がそれなりの安定性を備えるレベルに達した状態がβ段階だ。

 大規模な商用ソフトウェアプロジェクトで一般的なプレリリースの種類、その特徴と目的を以下にまとめた。

リリース 特徴 目的
社内向けマイルストーン 社外には配布されない。機能が不完全で深刻なバグが含まれる可能性もある スケジュールと照らし進捗状況を把握するためのチェックポイント
α 社外に初めて配布される。機能は不完全。(クラッシュやデータ損失を引き起こす可能性のあるバグも含め)バグが含まれる 高度な信頼関係にあるパートナーおよび顧客との間で製品に関する詳細を共有し始める
β すべての機能が実装される。コアなシナリオを中心に基本的には安定しているが依然としてクラッシュはする 広範なハードウェア/ソフトウェアで互換性を検証する
リリース候補(RC) すべての機能が機能し文書化された完全な製品。出荷レベルのクオリティ 最終テスト。コンピュータの動作を停止させるほど深刻なバグがないかの最終チェック

 だが、製品がβリリースの段階に到達した時点ではもはや、開発チームにとって、リリース時期を大幅に遅らせることなく製品の設計を大幅に変更することは非常に困難だ。

 Microsoftでマネジャーを務めたことがあるJim McCarthy氏は自著「Dynamics of Software Development」において、βの役割について記している。この著書は、同氏がMicrosoftの大規模な開発プロジェクトを管理した際の自らの経験に基づいている。

 「世の中には、"βテストは製品の設計や実装に関するインプットを求めるためのものだ"という誤解が定着している。これは真実からかけ離れている。確かにβテスターから寄せられる意見は常に興味深いが、相当の大惨事をもたらすような問題に関するフィードバックでない限り、設定の問題を修正する変更以外の変更は約束されていない」と同氏は説明している。

より早期のフィードバックを得るためのCTP

 ソフトウェア開発者はときには、高い信頼関係にあるパートナーや顧客にプレβビルドを提供することがあるが、これまで、そうしたビルドを一般に広く提供することには消極的だった。多くは、不完全でバグの多いものになりがちなプレβビルドが顧客にマイナスの印象を与えるのを恐れてのことだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -