特集
» 2006年03月10日 08時50分 公開

強い中堅企業のIT化シナリオ:2000年問題から5年、更新期を迎えた中堅・中小ERP市場 (1/2)

IT市場で最も注目を集めている企業群が中堅・中小企業であり、ITベンダーもこぞって対応を本格化させている。5年周期ともいわれるIT投資において、2000年問題以後初めて訪れたリプレース期という見方もある。

[伊嶋 謙二,ITmedia]

オンラインムック強い中堅企業のIT化シナリオ

伊嶋 謙二(ノーク・リサーチ代表)

 現在IT市場で最も注目を集めている企業群が中堅・中小企業(SMB)であることは誰もが認めるところだ。ソフトウェア/ハードウェアベンダーはこぞってSMB市場への注力を本格化させている。

 背景には大企業へのIT導入がある程度一巡したという事実があるだろう。そこで、ベンダーの目がSMBに向かったことは確かだ。一方で、SMB自身も自社の経営、特にコアコンピタンスにかかわる部分をIT化し、ITで利益を出すシナリオを描かなくてはならない時期を迎えており、本格的なIT投資を視野に入れているという事情もある。

 そのツールとして注目されているITソリューションの代表格がERPだ。国内のERPベンダーに加え、大手外資系ベンダーのSAP、オラクルに加え、近々マイクロソフトも参入すると言われており、競争の激化とともにSMB向けのERP市場の盛り上がりが予想されている。

 いわゆるSMBといわれる属性での明確な定義付けは難しいが、本特集では年商規模で5億円以上500億円未満をSMB、それ以上は大企業と定義したい。内容としては前半2回でSMBを取り巻くERPベンダーの実態、戦略などを分析する。最後となる3回目は、SMBにとってのERP導入の重要性と、その導入をスムーズに行うためのプロセス、注意点を考察していく。

2004年度の市場規模は591億円

 ノーク・リサーチでは2005年9月から12月にかけて国内で販売しているERPベンダーのうち、直接面接が可能であった37社を対象に、SMBにおけるERPパッケージ市場の実態調査を行った。

グラフ1■ERPパッケージライセンス売上高市場推移

 まず、グラフ1はERPパッケージのライセンス売上高市場規模を年推移で示したものだ。グラフ1は、ERPパッケージのライセンス売上高の規模として特に成長著しい市場がSMBであることを明らかにしている。2004年度は前年度から14.7%の伸びで591億円、2005年度見込みが前年度から12.2%の伸びで663億円となっている。

 この伸びの要因は以下の3点に要約できる。

  • 1.オフコンおよびY2Kシステムのリプレース市場

 国内SMB向けERP市場では、オフコン、PCサーバのリプレースが活発であったこと。また、西暦2000年問題に合わせて自社のシステムをパッケージに転換したSMBユーザーのリプレースも活発であった。一般に、情報システムの切り替えは5年周期と言われており、2000年前後にシステムの入れ替えをしたユーザーの転換期が2004年前後から始まり、今後もしばらく続くことが予想される。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -