ニュース
» 2006年03月30日 13時20分 公開

アプリックスのJBlend、サムスンの3GケータイVodafone 804SSで採用

ボーダフォンのJava仕様を満たすJava VM「JBlend」をサムスンが採用した。

[ITmedia]

 アプリックスは30日、同社のJavaアプリケーション開発プラットフォームの「JBlend」が、サムスンによる端末「Vodafone 804SS」で採用されたことを発表した。

 Vodafone 804SSは、3Gケータイとして薄型軽量な端末として注目されているものであり、サムスン初の日本市場発売製品となる(関連記事)。JBlendとポーティングレイヤーの結合、アプリックスが提供するコンサルタントとインテグレーションサービスによって、ボーダフォンのJava仕様に対応した効率的な実装を実現したという。

 Vodafone 804SSで利用されたJBlendは、Connected Limited Device Configuration(CLDC)1.1(JSR-139)、the Mobile Information Device Profile(MIDP)2.0(JSR-118)を満たすものであり、2Dスプライトや3Dグラフィクスクラスライブラリを含むボーダフォン独自のJava仕様となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -