ニュース
» 2006年07月21日 10時17分 公開

SAPジャパン、内部統制簡易診断サービスを無償で

SAPが内部統制簡易診断サービスを本格展開した。顧客企業は、J-SOX法への対応状況を分析し、改革すべき領域を明確化できるという。なお、この診断サービスは無償。

[ITmedia]

 SAPジャパンは7月21日、内部統制簡易診断サービスを本格的に提供開始することを明らかにした。これにより顧客らは、ITに関連する内部統制の活動に対して、日本版企業改革法(J-SOX法)に向けての対応状況を分析し、改革すべき領域を明確化できるという。

 なお、同社では、今年6月から20社を超える顧客企業に対して試験的にサービスを行ってきた。

 内部統制簡易診断サービスでは、ITガバナンスの成熟度を測るフレームワーク、「COBIT」(Control Objectives for Information and related Technology)を参考にしたSAPジャパン独自の質問項目を基に、企業のITに関連する内部統制活動の状況を「業務の文書化」「プロセスの徹底」「履歴管理」といった視点から診断し、30〜50ページのレポートとして無料で提供する。

 各視点からの絶対値評価以外にも、診断サービスを受けた企業全体の平均値や、評価の高かっ企業との比較結果、対応すべき課題の提示なども含まれるという。

 SAPジャパンでは、今回の診断サービス本格展開に向け、スタッフ部門を除く全社員を対象に、e-ラーニングによる内部統制簡易診断のトレーニングを実施し、支援体制を強化したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -