レビュー
» 2006年07月26日 11時40分 公開

ホワイトペーパー:J2EEアプリケーションを監視しパフォーマンスを改善する

J2EEアプリケーションのパフォーマンスを低下させる原因は多数ある。日本コンピュウェアのVantageファミリーは、J2EEアプリケーションを監視し、パフォーマンスおよび品質を改善するのに役立つツール群だ。

[ITmedia]

 現在、企業の基幹システムにおいては、J2EEで構築されたWebアプリケーションが多数使用されるようになってきている。このため、J2EEアプリケーションのパフォーマンスの維持は重要課題の1つとなっている。J2EEアプリケーションのパフォーマンスに影響を与える要素にはさまざまなものがあり、その改善には多大な時間とコストがかかっていた。

 日本コンピュウェアのVantageファミリーは、Javaアプリケーションのパフォーマンス管理をサポートするツール群だ。統合されたインタフェースを提供する『VantageView』、ネットワークのトラフィックを監視する『NetworkVantage』、サーバの性能監視などを行う『ServerVantage』、J2EEアプリケーション、.NETアプリケーションのパフォーマンス監視、および分析を行う『Vantage Analyzer』などがある。Vantageが持つパフォーマンス監視機能を使えば、パフォーマンスのボトルネックが、クライアント端末、ネットワーク、サーバのどこにあるのかを迅速に測定できるようになる。

 ここでは、Vantageファミリーのリポート機能などを詳しく紹介し、開発から運用までのアプリケーションのサービス管理に役立つことを解説している。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -