ニュース
» 2007年10月05日 20時43分 公開

まちづくり三鷹、日本初のRuby on Rails講師養成講座を開始

まちづくり三鷹は、RubyとRuby on Railsに関する講師を養成する講座を10月下旬から開始する。キックオフセミナーにはまつもとゆきひろ氏が登壇予定だ。

[ITmedia]

 まちづくり三鷹はこのほど、「Ruby on Rails講師養成講座」を10月下旬から開始すると発表した。これらのテーマを扱った講師養成講座は日本初。

 同講座は、オープンソーススクリプト言語「Ruby」の基礎やRubyで構築したフレームワーク「Ruby on Rails」を利用したアプリケーション作成、講師としての指導法などをまとめた講座。10月25日から2008年1月23日までの実施で、費用は37万8000円。

 講座では、Rubyアソシエーションによる認定試験を行う。合格者は「Ruby Association Certified Ruby Programmer」の認定資格を取得できる。さらに、三鷹ICT事業者協会が実施するRuby技術者育成事業で、講師として活躍できる場が提供されるという。

 三鷹ICT事業者協会との共催によるキックオフ特別セミナーを10月19日に開く。Rubyの開発者まつもとゆきひろ氏による「Rubyで開くオープンソースビジネス」と題した講演が行われる予定だ。

関連キーワード

Ruby | 日本初 | まつもとゆきひろ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ