ニュース
» 2007年10月29日 21時10分 公開

BIGLOBEとアドビ、企業向け動画配信で早くも新局面

2007年10月24日に発表されたNECビッグローブとアドビシステムズのASPサービスに早くも新局面――2社は提携し、Flashを活用した企業向け動画配信サービスを開始する。

[ITmedia]

 NECビッグローブ(BIGLOBE)は、企業向けに動画配信の基盤を提供する「BIGLOBEストリーミングサービス」において、Flash技術を用いた動画配信を行う「フラッシュストリーミング」を12月3日から開始すると発表した。

 同サービスは、Flash技術を活用し、動画配信と関連するサービスを組み合わせたコンテンツやWebサイトなどを作成する基盤を提供するもの。アドビ システムズと展開する企業向けASPサービスへの取り組みの一環という。

 同サービスの活用例として、製品解説の動画と関連資料を組み合わせたコンテンツや、動画配信やチャットなどを組み合わせたサービス作成や、動画を視聴しながら意見交換するといったテレビ会議向けの使用が挙げられる。動画配信はWindows、Macintosh、LinuxのOSに対応し、PCのOSに依存しないのが強みだ。

 価格は初期費用が5万円で、月額8万円(それぞれ税別)からとなる。利用企業にはアクセスログや自社Webサイト上で動画配信ができるFlash Videoプレイヤーを無償提供する。年間100社の導入を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ