レビュー
» 2007年10月31日 11時14分 公開

(2007年第2四半期)受動的攻撃が半年で4.5倍増加──最新インターネットセキュリティ調査分析レポートホワイトペーパー

ユーザーがWebサイトを閲覧するだけで攻撃されてしまう「受動的攻撃」の被害が増えている。また、「サイバー攻撃」の増大も目立つ。2007年第2四半期のインターネット脅威調査分析レポートを紹介。

[ITmedia]

 このホワイトペーパーは、日本アイ・ビー・エム ISS事業部が提供する、2007年第2四半期のインターネット脅威の調査分析レポートである。世界6拠点にある監視センターで検出されたデータを基に作成されており、最新のセキュリティ動向を知ることができる。

 レポートによれば、2006年第4四半期からの半年で受動的攻撃は4.5倍に増大しているという。これまでWebブラウザへの攻撃が多かったが、最近ではWinZIPやQuickTimeといったアプリケーションも危険にさらされるようになり、攻撃はますます複雑化している。レポートでは、今後のセキュリティ脅威の動向として注目すべき2つのポイントを詳しく解説している。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ