ニュース
» 2008年02月14日 15時17分 公開

Ruby on Railsを見習うASP.NET(2/2 ページ)

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK
前のページへ 1|2       

 「MVCの基本要素はモデルとビューとコントローラだ。モデルは.NETオブジェクトのセットに相当し、ビューはユーザーにデータを提示するフォーマットを表現するHTMLあるいはテンプレートであり、モデルとビューを結び付けるのがコントローラだ」とエイブラムズ氏は説明する。

 ASP.NET MVCでは、MicrosoftのLINQ(Language Integrated Query)技術を「LINQ to SQL」という形で使用する。「これはデータオブジェクトを用意し、あらゆるものをビューに渡す」とエイブラムズ氏は話す。ASP.NET MVCはASP.NETの利点を利用するだけでなく、「LINQや匿名型といった.NET Framework 3.5の新機能を利用する最初のプロジェクトでもある」(同氏)。

 また、Visual Studioとの連携によってテストが容易になるという。「より複雑なテストにはRhino Mocksなどのツールを利用することができる」とハーク氏は話す。

 さらにハーク氏は、ASP.NET MVC技術の拡張性の高さにも言及している。「CTPには幾つかバグが見つかったが、全面的に書き直さなくても、コンポーネントを入れ替えるだけで問題を解決することができた」と同氏は語る。

 Microsoftは「ASP.NET Dynamic Data」プロジェクトもスタートさせた。エイブラムズ氏によると、これは同社のLINQ開発の成果をベースとする技術で、開発者がデータに関する知識に基づいてユーザーインタフェースを作成することを可能にするという。

 ガスリー氏は2月12日付のブログ記事の中で、「これらの技術(ASP.NET MVC、ASP.NET Dynamic Data、およびASP.NET AJAXの機能強化)はすべて年内にリリースする予定であり、VS 2008および.NET 3.5に対応する」と述べている。

 一方、Ruby on Railsの作成者であるデビッド・ハイネマイアー・ハンソン氏は、MicrosoftがMVC分野に進出するのを歓迎している。

 「MVCは、Webアプリケーションの構造を分割するためのシンプルで素晴らしい方法であり、ほとんどあらゆる環境で人々に恩恵をもたらすだろう。業界の視点から見れば、Microsoftがついに関心を持ち始めたのは良いことだ」とハンソン氏は米eWEEKの取材で語った。

 ハンソン氏によると、PHPコミュニティーに続いて今度はMicrosoftがMVCのメリットに注目するようになったという。

 「MicrosoftがMVCに注目しているのは間違いない」と同氏は話す。「ASP.NET用として提案されたMVC拡張機能は、われわれがRailsに実装した手法と酷似している。われわれが何年も前から提唱してきたアイデアの多くを、Microsoftのような巨人がまねようとしているというのは、もちろん名誉なことではあるが、彼らはパーティーに少し遅刻したようだ」。

 皮肉屋で知られるハンソン氏は、「Microsoftはいつもしているのと同じことをやっているだけだ――つまり人まねだ」と辛辣だ。

 JBossの元CEOのマーク・フルーリ氏は、「Java陣営では、MVCはアプリケーション開発手法として受け入れられている。MVCをめぐる議論は非常に高度な内容であり、フレームワークも幾つか存在する。MVCはなじみのある手法をJava開発者に提供する一方で、従来のASP.NET開発者には新たなオプションを提供するものだといえる」と話している。

前のページへ 1|2       

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ