ニュース
» 2009年01月30日 19時01分 公開

Javaアプリサーバ「Jetty」、Eclipseプロジェクトとして参加を提案

Javaアプリケーションサーバの「Jetty」がEclipseプロジェクトに参加すると提案した。Jettyはすでに「Eclipse IDE 3.3」「Equinox」などで使われている。

[ITmedia]

 Javaアプリケーションサーバ「Jetty」を開発する米Webtideは米国時間の1月29日、オープンソース団体Eclipse Foundationに対し、Eclipseプロジェクトとして参加する提案をしたと発表した。

 JettyはJavaで書かれたHTTP/アプリケーションサーバおよびサーブレットコンテナ技術。シンプルさ、拡張性、柔軟性などを特徴とし、リッチメディアや組み込みアプリケーション向けに使われている。

 JettyとEclipseはすでに関係があり、「Eclipse IDE 3.3」「Equinox」などでJettyが使われているという。JettyはEclipseに参加することで、独立性を維持しつつ、開発やQAプロセスを整え、開発者ベースを増やせるとしている。開発側では、アプリケーションにHTTPサービスを組み込むコンポーネントを提供でき、OSGiプロジェクトでJettyが使われるようになるとしている。

 Jettyは現在、Apache License 2.0で公開されているが、Eclipseプロジェクトとなった後は、Eclipse Public Licenseとのデュアルライセンスを採用するという。

関連キーワード

Eclipse | Java | アプリケーションサーバ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -