レビュー
» 2013年06月04日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:アジャイル開発を阻むもの

ビジネスニーズに迅速に対応するという観点から、アジャイル開発は拡大してきたが、想定したほどの効果を得られないケースもある。本書では、開発と運用の障壁をなくす「DevOps」のコンセプトと、それを支援するコンピュウェアのAPMソリューションについて解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 ビジネスプロセスの変化にアプリケーションを迅速に対応させる観点から、アジャイル開発の手法は採用が拡大してきた。しかしながら、アジャイル開発のアプローチを取ったにもかかわらず、想定したほどの効果を得られないケースも見受けられる。

 その主な原因は、アジャイル採用後も、開発担当と本番運用担当の間のコミュニケーションや連携がうまくいかないためだ。具体的には、以下のような課題に直面することになる。

  • 本番環境で発生した問題の、開発/テスト環境での再現が困難
  • 利用しているツール(監視、テスト)が異なるため、同一の情報や結果を共有できない
  • 開発と運用のサイクルが異なるため、発生した問題に対処可能なスタッフの開発部門によるアサインが困難

 本資料では、アプリケーションライフサイクルの観点から、開発と運用の障壁をなくす新しいアプローチ「DevOps」と、それを具体的に遂行する上で必要となるコンピュウェアのソリューションについて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -