レビュー
» 2013年06月19日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:仮想マシンは何台集約できる? 最新Xeonサーバの性能と消費電力を徹底検証

最新のインテル Xeonプロセッサー E5ファミリを搭載した第12世代PowerEdgeサーバで仮想化環境を構築すると、どのくらいの効果があるのか。性能向上率と省電力効果を評価するため、複数世代にわたる実機環境を用いて比較検証した。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 今日、サーバ仮想化のメリットは広く知られるようになった。サーバ仮想化によるコスト削減効果は極めて大きく、多くの企業にとって欠かせない技術といえる。しかし、サーバ仮想化のメリットを得るには、ただ仮想化製品を導入すればよいわけではない。複数の仮想マシンが稼働するホストサーバには、十分な性能を備えたハードウェアを選択する必要がある。また、ハードウェアの処理能力を把握した上で、リソースを適切に割り当てることが設計において重要なポイントになる。

 このホワイトペーパーでは、ワールドワイドで高い実績を持つPowerEdgeサーバを新旧含めて4種類取り上げ、仮想環境での処理性能およびワット性能、総消費電力を比較検証している。特に着目したいのは、現世代(第12世代)の「Dell PowerEdge R820」(インテル Xeonプロセッサー E5-4600ファミリ搭載)の処理能力とコンソリデーション能力の高さだ。また、最後にはサーバ仮想化の財務上のメリットとして、何カ月で投資対効果が得られ、総所有コストがどれくらいになるかを示している。これから仮想化に取り組む人はもちろん、仮想環境のリソース効率に悩む人にもぜひ読んでいただきたいホワイトペーパーだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -