レビュー
» 2013年06月21日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:白鶴酒造が選んだ、クラウド利用や拠点増設にも耐えるネットワークとは?

白鶴酒造は拠点の新設やテレビ会議の導入といった取り組みを成功裏に進めるため、システム基盤であるネットワークの見直しに踏み切った。その理由と取り組みの内容とは?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 「トラフィック増大に十分対応できる、柔軟性と拡張性を備えた新しいネットワークを構築したい」――。白鶴酒造で情報システム室主任を務める勝部一郎氏は、こうした思いを胸に、ネットワークの再構築に乗り出した。

 災害対策の一環として拠点間で実施するデータバックアップの時間短縮、経営層向けのテレビ会議システム導入に当たる回線コストの削減、さらに新規工場の設立による通信量増大への対処など、白鶴酒造のネットワークを取り巻くニーズは急速に拡大。さらには、クラウドの本格利用も視野に入る。ネットワークの刷新は、同社にとって、もはや避けることができない選択だったのだ。

 多様なニーズに応えるためのネットワーク再構築に、白鶴酒造はどう挑んだのか。同社が決断したのは、品質を向上させながら運用コストを維持できるネットワークの構築だった。クラウドの本格利用やモバイル導入など、これさえあれば「何でもできる」と勝部氏に言わしめた、白鶴酒造の取り組みを支える新ネットワークの全貌を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -