ニュース
» 2019年02月28日 07時00分 公開

ビジネス連絡はメールが96%、チャットは33% 社内メール軽減とシャドーIT対策が今後のカギに――サイバーソリューションズ調べ

サイバーソリューションズの調査によると、国内ではビジネスの連絡手段としてメールと電話が主で、業務効率化のカギは社内メールの負荷軽減にあると判明。チャットは導入が進んでおらず、会社非公式のチャット利用率が53%に上るなど、管理体制の構築が急務と分かった。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 サイバーソリューションズは2019年2月26日、「メールとビジネスチャットツールの利用実態調査」の結果を発表した。

 調査結果によると、国内企業では、ビジネスの連絡手段としてメールと電話が主であり、働き方改革の促進や業務効率化のカギとなるのは、利用頻度が高い社内メールの負荷軽減にあることが分かった。一方、チャットについては、会社非公式のチャットツールを利用する「シャドーIT」のまん延が判明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -