速報
» 2019年05月09日 13時10分 公開

データを漏らしたのはお前だ! 世界の企業の半数以上が「深刻な被害」を経験する裏側とは――McAfee調べ

データ流出を経験したことのあるIT担当者のうち61%は、「現在の勤務先で事案が発生」と回答。自身のキャリアを通じて経験した重大な事案は平均で6件だった。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 企業のIT担当者の6割以上が深刻なデータ流出を経験し、ブランドイメージ損傷や経済的損失の危険にさらされている――。米セキュリティ企業McAfeeがこのほど発表した調査結果で、そんな実態が浮かび上がった。

 データ流出の実態と動向をテーマにした同調査は、深刻なデータ流出を経験したことのある従業員1000人以上の企業で働くIT担当者700人を対象として、2018年12月に欧米やアジアなど8カ国で実施された。

 その結果、回答者の61%が、現在の勤務先でデータ流出を経験していたことが判明。自身のキャリアを通じて経験した重大なデータ流出事案は平均で6件だった。

photo クラウドに重要な情報を置きたがらない企業は多い。しかし今回の調査によれば、データ流出の3分の2はオンプレミスを含むクラウド以外の環境で起こっていた。(画像提供:McAfee)

 そうした事案のうちほぼ4分の3では、公表を余儀なくされたり、会社が経済的損失を被ったりしていた。その割合は、2015年から5ポイント増えていたという。

あなたの企業にもあるはず――データ盗難に使われた“要素”の筆頭は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -