ニュース
» 2019年05月14日 07時00分 公開

Webブラウザとマウス操作で連携が可能、音声コミュニケーション機能を提供するサーバをNECとNECプラットフォームズが販売開始

NECとNECプラットフォームズが販売を開始したコミュニケーションサーバ「UNIVERGE SV9000CTシリーズ」と専用のミドルウェア「UNIVERGE Integration Platform」を利用すると、システムに音声コミュニケーション機能を付加できる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECとNECプラットフォームズは2019年5月10日、コミュニケーションサーバ「UNIVERGE SV9000CTシリーズ」と専用のミドルウェア「UNIVERGE Integration Platform」の販売を開始した。

UNIVERGE SV9000CTシリーズとUNIVERGE Integration Platform(出典:NEC)

 UNIVERGE SV9000CTシリーズは、電話に代表される音声コミュニケーション機能を提供するサーバ。固定電話だけでなく、スマートフォンやタブレット、携帯電話などを利用して、いつでもどこでもオフィスと同様の通信環境を提供する。収容回線数などが異なるUNIVERGE SV9500CTとUNIVERGE SV9300CTの2機種を用意する。

 UNIVERGE Integration Platform(UIP)は、SV9000CTシリーズと外部システムを接続するためのミドルウェア。SV9000CTシリーズと、ユーザーが利用しているオンプレミスやクラウドのシステムをUIPで接続することで、システムに音声コミュニケーション機能を付加できる。

 UIPは、独自の処理フローを作るための機能を「アダプタ」として用意している必要に応じて、Webブラウザでのマウス操作で独自処理を定義し、SV9000CTシリーズの音声サービスと、ユーザーが利用しているシステムや外部サービスを連携させられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -