速報
» 2019年05月16日 13時00分 公開

Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 IntelのCPUに発覚した脆弱性の対策も

Appleは、IntelのCPUに発覚した「MDS」と呼ばれる脆弱性について、新たなセキュリティアップデートで対策を講じた。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Appleは、macOSやiOSなどのセキュリティアップデートを2019年5月14日付で公開した。IntelのCPUに発覚した「Microarchitectural Data Sampling」(MDS=別名「ZombieLoad」)と呼ばれる脆弱(ぜいじゃく)性については、今回公開した「macOS Mojave 10.14.5」で対策を講じたことを明らかにした。

Appleが公開したセキュリティアップデートの詳細

 Appleによると、macOS Mojave 10.14.5には、Webブラウザ「Safari」のアップデートが含まれており、JavaScriptや悪質なWebサイト経由でMDSが悪用されることを防ぐ対策を実装した。パフォーマンスに大きな影響が出ることはないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -