ニュース
» 2019年05月23日 11時30分 公開

テラデータ、「Vantage-as-a-service」メニューを拡充 AWS Marketplaceで提供へ

テラデータは、データ分析プラットフォーム「Teradata Vantage」のas-a-serviceメニューを拡充した。AWS Marketplaceでの提供、オンプレミス向けのハイブリッドクラウドソリューション、ディザスタリカバリー環境構築サービスの3つ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 テラデータは2019年5月22日、同社のデータ分析プラットフォーム「Teradata Vantage」の「as-a-service(クラウド)」機能を強化すると発表した。各種クラウド環境をIT基盤として活用するユーザーに対して、データ分析環境の選択の幅を拡大し、柔軟性を提供するとしている。

 Vantage as-a-serviceは、AWSやMicrosoft Azure、Teradata Cloudといったパブリッククラウドサービスに加え、オンプレミスでVantageを利用できるマネージドサービス。ビジネス要件の変化に応じて、柔軟にスケールアップやスケールダウンができるだけでなく、テラデータがインフラストラクチャを監視、管理し、システムの可用性を保証する。

「Teradata Vantage」の「as-a-service(クラウド)」機能を強化すると発表したプレスリリース

 同社は、Vantageに次の3つのas-a-serviceメニューを新たに追加する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -