ニュース
» 2019年05月29日 09時15分 公開

WannaCryの悪夢が再び? 脆弱性「BlueKeep」は約100万台に存在

「『WannaCry』や『notPetya』のように破壊的な事態、恐らくはもっと悪い事態につながる公算が大きい」とセキュリティ企業は警告する。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 かつて猛威を振るった「WannaCry」のようなマルウェアに利用される恐れがあるとしてMicrosoftが注意を呼び掛けている深刻な脆弱(ぜいじゃく)性「CVE-2019-0708」(通称「BlueKeep」)。セキュリティ企業のErrata Securityは5月28日、BlueKeepが今も約100万台のマシンに存在していると発表した。

 BlueKeepを巡っては、悪用コードの開発が活発化する動きも伝えられている。Errata Securityは「2017年の『WannaCry』や『notPetya』のように破壊的な事態、恐らくはもっと悪い事態につながる公算が大きい」と警告する。

Bluekeep (出典:Errata Security)

クラッカーが悪用コードを開発し、動き出すのはいつごろ?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -