ニュース
» 2019年06月18日 10時10分 公開

「03」などの固定電話番号が使えるTeams向け音声通話サービス「UniTalk」

Microsoft Teamsユーザー向けにマルチデバイス対応の音声通話サービスを月額800円で提供する。ソフトバンクの電話網に直接接続し、IP電話よりも高い通話品質を実現する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトとソフトバンクは17日、「Office 365」に含まれるコラボレーションツール「Microsoft Teams」向けの音声通話―サービス「UniTalk」を8月1日から提供すると発表した。月額利用料金は1番号当たり800円(税別)。

UniTalk構成イメージ 「UniTalk」構成イメージ(出典:ソフトバンク)

 UniTalkは、TeamsユーザーがPCやタブレット、スマートフォンなどを使って、固定電話番号(0AB-J番号)で発着信できるサービスだ。「050」から始まる番号ではなく、「03」や「06」といった市外局番から始まる電話番号がユーザーごとに付与される。

 Teamsのクラウド基盤とソフトバンクの電話網を直接接続するため、従来のIP電話より高い品質の音声通話が使える。固定電話の設置や電話回線の引き込みといった宅内工事は不要だ。なお月額利用料に加えてユニバーサル料金がかかる他、初期費用として1000円(税別)が必要だ。

PCでの利用イメージ PCでの利用イメージ(出典:ソフトバンク)

 2社は今後、AI(人工知能)を活用した自動翻訳機能や自動音声応答ロボットによる電話対応機能の開発を検討する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -