ニュース
» 2019年08月16日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:「RPAは必ず仕事を効率化できる」は間違い 最大限の効果を引き出すには

コスト削減の手段としてロボティックプロセスオートメーション(RPA)に注目する企業は少なくない。しかし導入の方法によっては、セキュリティリスクを生んだり、かえって業務改善から遠ざかったりする恐れがある。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 コストと時間の節約のために、RPAの導入を検討する企業は少なくない。人が手作業で実施している大量かつ一般的な日常タスクを処理することは、企業にとって重大な課題になりつつある。これらのタスクを自動化するRPAは、従業員の生産性を大きく向上させる可能性がある。

 しかしRPAは万能薬ではない。ユーザー企業は、業務の自動化がプロセスの非効率を隠す手段ではないことを認識する必要がある。またRPAに利用するbotが、セキュリティリスクを生んだり企業のコンプライアンスに違反したりする恐れもある。

 本稿では、RPAを導入する際のリスクを抑え、最大限の効果を引き出すために意識すべきポイントと、RPA市場の動向について説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -