速報
» 2019年08月22日 08時51分 公開

業界大手が「Confidential Computing Consortium」設立、オープンソース技術に貢献

GoogleやIBM、Intel、Microsoftなどの大手が参加、コンフィデンシャルコンピューティングの普及を目指す。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Linux Foundationは2019年8月21日、GoogleやIBM、Intel、Microsoftなどの大手が参加し「コンフィデンシャルコンピューティング」の普及を目指す「Confidential Computing Consortium」を設立すると発表した。

 発表によるとコンフィデンシャルコンピューティングとは、暗号化されたデータの処理がメモリ内で完結する技術。処理中のデータがシステムの他の部分に露呈されないため、センシティブなデータの露出を減らし、コントロールと透明性の向上を図れるという。

「データの完全な暗号化」を目指し、各国の業界大手が参加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -