速報
» 2019年08月27日 11時52分 公開

再浮上した脆弱性を修正:Apple、iOSとmacOS Mojaveの更新版リリース 脱獄ツールに利用の脆弱性を修正

一回修正された脆弱(ぜいじゃく)性が「iOS 12.4」で再浮上し、修正された。この脆弱性を突く脱獄ツールも公開されていたという。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Appleは2019年8月27日、「iOS」と「macOS Mojave」の更新版を公開し、1件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。この脆弱性を突く脱獄ツールも公開されていた。

iOS 12.4.1のセキュリティについて記したAppleのブログ

 Appleのセキュリティ情報によると、更新版の「iOS 12.4.1」は、カーネルに存在する「解放後使用」の脆弱性を修正した。悪用された場合、悪質なアプリケーションによって、システム特権で任意のコードを実行される恐れがあった。同OSは、「iPhone 5s」以降、「iPad Air」以降、「iPod touch(第6世代)」以降に対応する。

一度修正されていた脆弱性が再浮上

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -