速報
» 2019年08月29日 08時58分 公開

ダウンロード数1億超の人気アプリが悪質化、「CamScanner」に注意

「CamScanner」は最初のうちは悪意のない正規のアプリだったが、最近のバージョンを調べたところ、広告ライブラリに不正なモジュールが仕込まれているのが見つかった。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleの公式アプリストア「Google Play」で提供され、1億回以上もダウンロードされていたアプリが、アップデートによってマルウェアを呼び込む不正アプリに転じてしまった。――そんな事例を、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Lab(以下、Kaspersky)が紹介している。

 2019年8月27日に公開されたKasperskyのブログによると、問題のアプリ「CamScanner」は、OCR機能を搭載したPDF作成ツール。最初のうちは悪意のない正規のアプリだったが、レビューを通じてユーザーから不審な挙動が報告されるようになった。そこで、Kasperskyが最近のバージョンを調べたところ、広告ライブラリに仕込まれた不正なモジュールを発見した。

なぜ安全なアプリが悪質化したのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -