速報
» 2019年09月27日 09時58分 公開

「iOS 13」のセキュリティ情報公開、深刻な脆弱性を修正 対象外の機種向けには「iOS 12.4.2」配信

「iOS 13」「iOS 13.1」の対象機種はiPhone 6s以降。iPhone 5sやiPhone 6向けには「iOS 12.4.2」が配信される。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Appleは2019年9月19〜26日にかけてリリースしたiOSやmacOSなどの更新版に関するセキュリティ情報を公開した。「iOS 13」「iOS 13.1」がリリースされた直後の時点では、それぞれの更新版で修正した脆弱(ぜいじゃく)性の詳細情報が公表されていなかった。

 今回リリースされたiPhone向けOS最新版のiOS 13やiOS 13.1は、対応機種がiPhone 6s以降となり、iPhone 5sやiPhone 6などは対象外だった。また、iPad向けに新しく配信された「iPadOS」はiPad Air 2以降を対象としている。

Appleが発表した「iOS 13」のセキュリティ情報

悪用されれば深刻な影響も Appleは次々とセキュリティ情報を公開

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ