ニュース
» 2019年10月09日 08時34分 公開

ディープラーニングを活用した粗大ごみ画像認識サービス、横浜市がチャットbotに導入

オークネットは、ディープラーニングを活用した粗大ごみ画像認識サービスを開発し、横浜市の粗大ごみ受付チャットbotに導入した。利用者が撮影したごみの画像から品目を判別して、適切な案内をチャットで返答する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 オークネットは2019年10月8日、同社の子会社であるオークネット・アイビーエスが、ディープラーニングを活用した粗大ごみ画像認識サービス「SODAI Vision API(以下、ソダイ)」を開発したと発表した。同年9月2日、オークネットとNTTネクシア、NTTテクノクロスが連携して、横浜市の粗大ごみ受付チャットbotに導入している。

横浜市粗大ごみ受付チャットボット(出典:NTTネクシア)

 NTTネクシアは横浜市の粗大ごみ受付センターを運営している。同センターでは日常的に膨大な量の電話やメールでの問い合わせを処理しており、受付業務の改善に取り組んでいた。

撮った写真で自動判別、回収方法や手数料も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ