速報
» 2019年10月25日 20時00分 公開

App Storeに不正アプリ17本、広告収入だまし取る「クリック詐欺」のコード混入

マルウェアが仕込まれたアプリは、いずれもインドの企業が提供していた。この企業のアプリは過去にGoogle Play Storeからも削除されていたが、その後復活している。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 モバイル端末のセキュリティ対策を手掛けるWanderaは2019年10月24日、Appleの公式アプリストア「App Store」で、マルウェアの仕込まれた不正アプリが17本見つかったと発表した。いずれも広告収入をだまし取る目的で、バックグラウンドで不正なサーバと通信し、ユーザーが広告を閲覧したように見せかけていたとされる。

(出典:Wandera)

 Wanderaによると、問題のアプリには「clicker」と呼ばれるトロイの木馬モジュールが仕込まれ、「バックグラウンドでWebページを開く」「ユーザーが何もしなくてもリンクをクリックする」といった、広告詐欺関連の動作が実行される仕組みになっていた。それによってWebトラフィックを水増しし、不正な広告収入を得ようとしていたと思われる。

現在は削除済、ダウンロード数は「相当数」と推察される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ