ニュース
» 2019年11月21日 10時52分 公開

相手の行動を監視する「ストーカーウェア」に対策を セキュリティ企業とDV被害者支援団体が新組織結成

「Coalition Against Stalkerware」は、ストーカー行為に使われるソフトウェアの検出を向上させて対策を強化し、この問題の認知度を高めることを目指す。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 パートナーなどの行動を監視する目的に使われ、DVの原因にもなるソフトウェア――いわゆる「ストーカーウェア」問題の認知度を上げ、対策を強化する目的で、Kaspersky Lab(以下、Kaspersky)やAviraなどのセキュリティ企業がDV被害者の支援団体と共同で「Coalition Against Stalkerware」を結成した。

「Coalition Against Stalkerware」のWebサイトは、来訪者にストーカーウェア対策への協力を呼びかける。(出典:Coalition Against Stalkerware)

 ストーカーウェアとは、ユーザーが監視したい相手の端末にインストールして使うソフトウェアだ。有料で販売されているものもあり、相手が知らないうちにインストールすることで、写真やビデオにアクセスしたり、メールやメッセージの内容を盗み見したり、位置情報やカレンダーの情報をストーカー行為に悪用できてしまう。

国によっては合法のケースも ストーカーウェア問題の根深さとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ