ニュース
» 2019年11月22日 11時39分 公開

ガス圧接継手をAIで検査 NTTコムウェアと清水建設が実証実験

NTTコムウェアは清水建設と共同で、画像認識AIによるガス圧接継手検査の実証実験を実施する。従来の目視検査とAIの画像認識結果を比較して判定精度や作業時間、操作性などを検証する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTコムウェアは2019年11月21日、清水建設と共同で、建設現場におけるAI(人工知能)画像認識検査の実証実験を実施すると発表した。ガス圧接継手の検査業務を効率化し、品質を向上させることを目的とする。

ガス圧接継手の外観検査に画像認識AIを利用する(出典:NTTコムウェア)

 建設業界の工事検査業務では、目視による作業が多くを占めている。しかし、熟練の技能労働者が高齢化しており、若手技能者へのノウハウ継承や、検査業務の自動化による生産性向上が課題となっていた。

施工中のビルで実証、早期の現場導入に向け

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ