速報
» 2019年12月20日 09時32分 公開

「スター・ウォーズ無料」で不正サイトに誘導 フィッシングやマルウェア感染

シリーズ最新作が無料で見られると偽って不正サイトに誘導し、マルウェアに感染させたり、クレジットカード番号を入力させたりする手口が横行している。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セキュリティ企業のKasperskyは2019年12月19日、映画「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「スカイウォーカーの夜明け」の公開を前に、公式サイトに見せかけた不正サイトやアカウントを使ってユーザーをだまそうとする手口が横行していると伝えた。

screenshot 公式サイトに見せかけたフィッシングサイト(出典:Kaspersky

 Kasperskyによれば、同作品の公式アカウントに見せかけた偽サイトやソーシャルメディアのプロフィールはすでに30以上見つかっている。同社は、実際の数はそれよりはるかに多いと推定している。そうした不正サイトでは、最新作が無料で見られるとうたってユーザー登録を促し、クレジットカード番号などを入力させていた。

「無料視聴」で検索したSNSユーザーを標的に すでに被害も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ