ニュース
» 2020年02月26日 12時00分 公開

Firefox、「DNS over HTTPS(DoH)」をデフォルトで有効に まず米国で先行

米国で使われているFirefoxについて、DNSサーバとの通信を暗号化する「DNS over HTTPS(DoH)」の設定をデフォルトで有効にする。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Mozilla Foundationは2020年2月25日、米国で使われている「Firefox」について、DNSサーバとの通信を暗号化する「DNS over HTTPS(DoH)」の設定をデフォルトで有効にすると発表した。数週間かけて段階的に有効化し、大きな問題が発生しないことを確認する。

 Mozilla Foundationによると、DNSの仕組みは何十年も前に設計されたことから、たとえ通信が暗号化される「https://」のWebサイトであっても、WebブラウザでDNSを参照する際の通信は暗号化されていなかった。

 しかし、この状態ではユーザーのWeb閲覧履歴といった情報が傍受されたり、改ざんされたりする可能性が指摘され、重大なプライバシー問題があるとして、FirefoxやGoogle Chromeなどの主要ブラウザがDoHの導入を進めていた。

DoHが実現できること

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ