ニュース
» 2021年02月01日 07時00分 公開

地銀運営の効率化へ NTTデータ、横浜銀行と開発した業務アプリを他行にも提供

NTTデータは、横浜銀行と開発したオンラインデータ連携基盤の業務アプリケーションを他の金融機関に提供することについて同行と合意した。横浜銀行が同基盤で利用する約20種類の顧客サービスを、他行に提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTデータは2021年1月28日、オンラインデータ連携基盤の業務アプリケーションを他の金融機関に提供することで、横浜銀行と合意したと発表した。

 同基盤は、NTTデータと横浜銀行が2019年3月に構築し、外部のサービスや銀行システムとAPIで連携できる。横浜銀行ではすでに、住所変更や口座開設、融資の申し込みなど約20種類の顧客サービスを、同基盤を使って提供している。今回の合意によって、他行にそれらの業務アプリケーションを提供する。

非対面の受け付けからシステム運用まで効率化 連携基盤のメリットは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ