ニュース
» 2021年04月19日 16時48分 公開

15%がペットの名前をパスワードに、NCSCが推奨した新しいパスワードの管理方法とは「赤、パンツ、木、フォー!」なら覚えられる?

英国立サイバーセキュリティーセンターの調査によって、英国人の15%がパスワードにペットの名前を使っていることが明らかになった。パスワードに「password」を使う割合は6%だった。こうした状況に対し、英国立サイバーセキュリティーセンターは安全なパスワード生成方法を提案している。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 「パスワードに簡単に推測できる単語や数字を使ってはいけない」は、サイバーセキュリティ当局やセキュリティベンダーが口を酸っぱくして訴えてきたことだ。しかし、実際に状況はほとんど改善していないことが、英国立サイバーセキュリティーセンター(NCSC:National Cyber Security Centre)のレポートによって明らかになった。レポートは4月11日のNational Pet Day(ペットの日)にちなんで公表されたものだ。

 NCSCの説明によれば、英国人の15%はペットの名前をオンラインアカウントのパスワードとして利用しているという。これに家族の名前が14%、重要な日付が13%、お気に入りのスポーツチーム名が6%で続いている。しかも、英国人の6%はパスワードとして、またはその一部に「password」という単語を使っていることが分かったとしている。

NCSCの発表(出典:NCSC)

英国立サイバーセキュリティーセンターが推すパスワードの生成方法は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ