ニュース
» 2021年05月01日 10時30分 公開

Linuxバックドア「RotaJakiro」発見の報告 少なくとも3年前から活動か

Linuxを対象に少なくとも3年前から秘密裏に活動するバックドアが発見された。誰が何のために、どうやって感染を広めたのかは不明だが、複数の暗号技術を組み合わせて身を隠し、何らかのプラグインを取得しようと動作していた。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Linuxを標的としたバックドアが発見された。このバックドアは複数の暗号技術を使って自身を隠蔽する仕組みを持っており、少なくとも3年前から活動していたことが明らかになっている。ある程度の動作は明らかになったが、その目的やどうやって感染を広めたかといった点は、まだ多くが謎のままとされている。

 このマルウェアを発見したのはセキュリティ企業360の研究機関「Network Security Research Lab」だ。同ラボは2021年4月28日(現地時間)、WebサイトでRotaJakiroバックドアの動作の詳細を解説する記事を公開した。

RotaJakiro: A long live secret backdoor with 0 VT detection RotaJakiroバックドアの動作の詳細を解説する記事(出典:Network Security Research Lab)

3年間見つからずに活動か、身を隠す巧妙な手法が明らかに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ