ニュース
» 2021年10月08日 07時00分 公開

Firefoxに任意のコード実行が可能になる脆弱性、迅速にアップデートを

Webブラウザ「Firefox」とエンタープライズ向けのFirefox「Firefox ESR」に複数のメモリ関連バグが発見された。脆弱性の中には任意のコード実行が可能になるものも含まれており注意が必要だ。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米国コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT)は2021年10月6日(現地時間)、Mozilla Foundation(Mozilla)がWebブラウザ「Firefox」とエンタープライズ向けのFirefox「Firefox ESR」に存在する複数の脆弱(ぜいじゃく)性に対応するセキュリティアップデートを公開したと報じた。脆弱性の影響を受けたシステムは、制御権が乗っ取られる危険性があるとされており注意が必要だ。

FirefoxとFirefox ESRのアップデートを報じるUS-CERTのWebサイト(出典:US-CERTのWebサイト)

修正されたFirefoxのバージョンは

 脆弱性が修正されたプロダクトとバージョンは以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ