ニュース
» 2021年10月07日 07時00分 公開

Apache HTTP Server 2.49に悪用確認済みの脆弱性 迅速にアップデートを

Apache Software Foundationは「Apache HTTP Server 2.4.50」を公開した。修正された脆弱性はすでに悪用が確認されており注意が必要だ。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Apache Software Foundationは2021年10月4日(現地時間)、同社のWebサイトでオープンソースソフトウェア(OSS)のWebサーバソフトウェア「Apache HTTP Server 2.4.50」を公開した。今回のアップデートは、「Apache HTTP Server 2.4.49」に存在する脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。

Apache Software Foundationは、Apache HTTP Server 2.4.50を公開した(出典:Apache Software FoundationのWebサイト)

Apache HTTP Server 2.49で見つかった脆弱性は?

 Apache HTTP Server 2.49で見つかった脆弱性は次の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ