ITmedia DX
連載
» 2022年01月06日 07時00分 公開

要件を満たすのはたった2社? ペンタゴンの大規模クラウド契約から見るIaaS市場の勢力事情CIO Dive

米国防総省のマルチクラウドベンダー契約「JWCC」の入札に複数のクラウドサービスプロバイダーが指名された。ただし同省が定めた全ての要件を満たすのはたった2社だけだという。

[Naomi Eide,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

CIO Dive

 米国共通役務庁(GSA:General Services Administration)は2021年11月19日(現地時間)、米国防総省が同省のマルチクラウドベンダー契約「JWCC」(Joint Warfighting Cloud Capability)の入札にAmazon Web Services(AWS)とGoogle、Microsoft、Oracleを指名したと発表した(注1)。

 JWCCはベンダー1社による100億ドル規模のクラウド契約「JEDI」(Joint Enterprise Defense Infrastructure)の中止に伴い、2021年7月に発表された後続プロジェクトだ。契約における価格設定は明らかになっておらず、契約の上限は数十億ドルになると予想される。

 米国防総省は同契約に当たってクラウドサービスプロバイダー(CSP)に以下の機能と能力を求めている。

  • グローバルな可用性と回復力
  • 使いやすさ
  • 一元的な管理と制御
  • 商業的同等性
  • 処理能力やストレージ、ネットワークインフラの柔軟な変更
  • 高度なデータ分析
  • セキュリティ
  • 戦術的なエッジデバイス

米国防総省のクラウド要件を満たすCSPはどこか?

© Industry Dive. All rights reserved.

注目のテーマ