ニュース
» 2022年06月17日 08時00分 公開

IEサポート終了後も使い続ける方法はある? Microsoft公式の説明

Microsoftは2022年6月15日(現地時間)、長年利用されてきたWebブラウザ「Internet Explorer」のサポートを終了した。同社はブログで今後IEから「Microsoft Edge」に切り替える際の幾つかのポイントを紹介した。

[田渕聖人,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年6月15日(現地時間)、Webブラウザ「Internet Explorer」(以下、IE)のサポートを終了した。これに伴い同社はブログで、IEを利用してきたユーザーに向け、Webブラウザ「Microsoft Edge」(以下、Edge)への切り替えにおける注意点と具体的な方法を紹介している。

IEは2022年6月15日をもってサポートを終了した(出典:MicrosoftのWebサイト)

今後IEを使おうとするとどうなるのか?

 Microsoftは同ブログの中で、今後ユーザーがIEを開くと、IEモードを搭載したEdgeにリダイレクトする旨を伝えている。

 同社によれば、ユーザーのデバイスには当面IEのアイコンが表示されるが、これをクリックすると、IEの代わりにEdgeを開き、IEモードでWebページにアクセスする。最終的にIEは、今後のWindows Updateで無効になり、その時点でデバイス上のIEのアイコンは削除される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ