Digital Business +Design
ITmedia DX
ニュース
» 2022年06月24日 07時00分 公開

データ活用準備工程を10分の1に短縮、三菱重工がインフォマティカで「データ統合マネジメント基盤」を構築

三菱重工業は、インフォマティカのソリューション群でグループ全体のデータを統合する「データ統合マネジメント基盤」を構築した。データ連携と分析の手段をグループ内で共通化する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 インフォマティカ・ジャパン(以下、インフォマティカ)は2022年6月23日、同社のソリューション群を三菱重工業が導入したと発表した。三菱重工業(以下、三菱重工)は同ソリューション群で、グループ全体のデータを統合する「データ統合マネジメント基盤」を構築し、データ連携と分析の手段をグループ内で共通化する。同施策によって迅速な意思決定とコスト削減を促進し、市場競争力と収益力の向上を目指す。

準備工程を10分の1に短縮する分析基盤とは?

 発電プラントなどの社会インフラや航空・宇宙機器などを手掛ける三菱重工では、グループ各社が部門ごとに異なるデータ基盤とツールを運用しており、複数の業務部門にまたがったデータ分析に膨大な工数がかかっていた。データの収集や可視化、加工、分析にかかる時間の短縮や、複数のデータ基盤とBI(Business Intelligence)ツールによるコスト増加への対応が課題だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ