ニュース
» 2022年01月14日 10時00分 公開

日本企業の8割、クラウド活用したいがデータ運用に課題――その内容は

インフォマティカのグローバル調査によると、日本企業はマルチクラウドの活用には積極的な一方で、データの運用管理には課題があることが判明した。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 インフォマティカは2022年1月13日、企業のデータ管理やAI(人工知能)運用の最新動向に関するグローバル調査の結果を発表した。

 「Driving Business Value from Data in the Face of Fragmentation and Complexity(分散化・複雑化が進むデータからのビジネス価値創造について)」と題した同調査は、2021年6月に、日本、米国、英国、オーストラリア、香港、シンガポール、マレーシアを含む10カ国で実施し、CDO(最高デジタル責任者)をはじめとするデータ管理者約900人から回答を得た。

日本企業の81%がマルチクラウドを導入するも、データの管理運用には課題

 調査結果によると、世界の企業の3分の2が複数のクラウドサービス(マルチクラウド)を利用していることが分かった。

 その中で、マルチクラウドを利用している日本企業は81%に上り、日本を含むアジア太平洋地域(APJ)全体の70%と比較しても高い結果となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ