メディア
製品比較
» 2021年02月17日 13時30分 公開

「ビーズクッション」おすすめ5選 リラックスしたいときに便利【2021年最新版】

包み込まれるような感覚が癖になる「ビーズクッション」。仕事の合間の休憩時間や休日のリラックスタイムに最適なアイテムです。ここで紹介するビーズクッションの選び方とおすすめの製品を参考に、自分好みのモデルを探してみてください。

[Fav-Log]

 包み込まれるような感覚が癖になる「ビーズクッション」。座る人の体型や姿勢に合わせてフィットするのが特徴で、眠気を誘うような心地よさが感じられます。仕事の合間の休憩時間や休日のリラックスタイムに最適なアイテムです。

「ビーズクッション」おすすめ5選 リラックスしたいときに便利【2021年最新版】 Yogibo「Yogibo Max 特大 ビーズクッション」(出典:Amazon

 「人をダメにするクッション」と言われるくらい座り心地がよい製品なので、自分に合うモデルを使えばきっと快適な時間を過ごすことができるでしょう。ここで紹介するビーズクッションの選び方とおすすめの製品を参考に、自分好みのモデルを探してみてください。

ビーズクッション:大きめか、小さめか、ロングタイプか

 クッションに全身を預けたいなら、大きめのモデルがおすすめです。キューブ型やソファー型をはじめ、簡易ベッドとして使えるものまでさまざまなモデルがあります。サイズが大きいので、設置スペースの確保とインテリアとの相性の確認が必要になります。

ビーズクッション:大きめか、小さめか、ロングタイプか MOGU「プレミアムフィットチェア 本体・カバーセット」(出典:Amazon

 座布団や枕の代わりに使うなら、小さめのモデルがおすすめ。読書やゲームをするときのひじ掛けとして利用したり椅子の背当てとして使ったり、幅広いシーンで役立ちます。サイズが小さいため、置く場所や収納スペースに困らないのも利点の一つです。

 抱き枕として使うなら、ロングタイプがよいでしょう。腕や脚で挟み込み、ビーズクッションのフワフワした感触を味わいながら眠れます。

ビーズクッション:ビーズのサイズは1ミリ以下か、2ミリ以上か

 クッションの中に入っているビーズのサイズによって、実際の使用感は変わってきます。ビーズのサイズは、「直径1ミリ以下」のものと「直径2ミリ以上」のものに大別されます。

ビーズクッション:ビーズのサイズは1ミリ以下か、2ミリ以上か 山善「ビーズソファ BS60-1140T」(出典:Amazon

 1ミリ以下のビーズを使っている場合、柔らかさと体へのフィット感が増します。体を預けたときに、ふんわりと沈み込むような感覚を味わいたいなら、1ミリ以下がおすすめです。

 2ミリ以上のビーズだと、ある程度の弾力性と硬さがあるので、座り心地が安定します。沈み込み過ぎないモデルを探しているなら、ビーズのサイズは2ミリ以上がおすすめです。

ビーズクッション:お手入れの方法を確認しよう

 ビーズクッションを使っているうちに、汗や皮脂が付着したり、ほこりがたまったりすることがあります。衛生的に使い続けるためにも、洗えるかどうかはチェックしておきましょう。カバーを取り外して洗濯できれば、清潔さを保つことができます

ビーズクッション:お手入れの方法を確認しよう 山善「ビーズソファ BS60-1140T」(出典:Amazon

 また、長期間の使用で中身のビーズが劣化し、使用感が変わってくることもあります。ビーズの補充・交換ができるのか事前に確認しておきましょう。

 ビーズの補充が可能なら、自分好みにクッションのボリュームを調整したり、購入当初の心地よい感触を再現することもできます。

ビーズクッション:おすすめモデルはコレ!

クモリ「抱き枕 タツノオトシゴ型」

 クモリの「抱き枕 タツノオトシゴ型」は、ロングタイプのビーズクッションです。抱き枕として使えるモデルで、横向きやあおむけ、うつぶせなどさまざまな体勢で使用できます。

「抱き枕 タツノオトシゴ型」 クモリ「抱き枕 タツノオトシゴ型」(出典:Amazon

 特に、横向きで寝るときにクッションを腕や脚で挟んで抱きしめると、手足のポジションが安定し体にかかる負担が軽減されます。

 中に入っているマイクロビーズは流動性と耐久性に優れており、体を預ければ体のラインにしっかりフィット。柔らかな感触とふっくらとした安定感を実現しています。ファスナーが付いており、カバーを取り外して洗うことができます。販売価格は4900円前後です。

MOGU「プレミアムフィットチェア 本体・カバーセット」

 MOGUの「プレミアムフィットチェア 本体・カバーセット」は、小さめのサイズのビーズクッションです。洋なし型のデザインが特徴的で、背もたれとして、座布団として、ひじ掛けとして使うのにピッタリのモデル。

「プレミアムフィットチェア 本体・カバーセット」 MOGU「プレミアムフィットチェア 本体・カバーセット」(出典:Amazon

 カバーの生地は、独自の縫製技術によって肌触りのよい滑らかな感触を実現しており、生地表面の起毛によりボリューム感をアップさせています。

 伸縮性のあるカバーと流動性のあるパウダービーズを採用しており、体に優しくフィットする製品となっています。販売価格は9680円(税込、以下同)です。

無印良品「体にフィットするソファ」

 無印良品の「体にフィットするソファ」は、比較的大きめのビーズクッションです。横に置いて使えば、ある程度体を起こしたまま、腰から上をクッションに預けることができます。縦に置いて使えば、深く沈み込むので、全身を預けて仮眠を取るなどの使い方が可能です。

「体にフィットするソファ」 無印良品「体にフィットするソファ」(出典:Amazon

 耐久性、ストレッチ性に優れたカバーを使用しています。カバーにはストレッチ素材の面と帆布素材の面があり、一つのクッションで異なる質感を体感できます。

 中には微粒子ビーズが入っています。カバーは取り外して、洗濯できます。販売価格は1万2980円です。

山善「ビーズソファ BS60-1140T」

 山善の「ビーズソファ BS60-1140T」は、大きめのサイズのビーズクッションです。サイズは110(幅)×43(高さ)×55(奥行き)センチで、ひょうたんのような形状が特徴的なモデル。

「ビーズソファ BS60-1140T」 山善「ビーズソファ BS60-1140T」(出典:Amazon

 中には0.6〜0.8ミリのマイクロビーズが6000グラム入っており、ふんわりとしたクッション性で体を優しく受け止めてくれます。

 カバーの生地は伸縮性のある面と硬い面に分かれており、座る、寝るなど用途に応じて使い分けることができます。カバーは取り外し可能で、洗えます。販売価格は1万4000円前後です。

アイリスプラザ「ビーンズ MAX」

 アイリスプラザの「ビーンズ MAX」は、約75(幅)×約160(高さ)センチの特大サイズのビーズクッションです。全身を包み込むほどのサイズで、ソファー代わりに使ったり、椅子代わりに使ったり、ベッド代わりに使ったりなど、さまざまな使い方が可能です。

「ビーンズ MAX」 アイリスプラザ「ビーンズ MAX」(出典:Amazon

 カバーは耐久性が高く、2人で使用しても問題ありません。カバーは丸洗い可能なので、清潔に使い続けることができます。カラーバリエーションも豊富で、レッド、グリーン、ブルー、ブラウン、グレーの5色から好きなものを選べます。販売価格は2万4750円です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング