メディア
製品比較
» 2021年05月31日 22時17分 公開

「SIMフリースマホ」予算3万円台のAndroidおすすめ4選【2021年5月版】

スマートフォンの中でも、Androidスマホはリーズナブルな価格帯のモデルが多数販売されています。今回は、キャリア(携帯電話会社)を問わず利用できるSIMロックフリーのAndroidスマホから、予算2万円台後半から3万円台後半で購入できるモデルに注目しました。

[Fav-Log]

 スマートフォンの中でも、Androidスマホはリーズナブルな価格帯のモデルが多数販売されています。

 今回は、キャリア(携帯電話会社)を問わず利用できるSIMロックフリーのAndroidスマホから、予算2万円台後半〜3万円台後半で購入できるモデルに注目しました。

予算3万円台のSIMフリーAndroid:5G対応モデルも選べる

 日本では2020年3月にスタートした新世代の通信規格「5G」。エリア展開が進むに連れ、大手各社が販売するキャリア向けモデルだけでなく、SIMフリースマホでも5G対応機種が増えています。

5G対応の「TCL 10 5G」 5G対応の「TCL 10 5G」

 Androidスマホでは3万円台後半で買える機種でも5G対応モデルが登場。格安SIM(MVNO)による5Gサービスはまだ本格化していませんが、大手キャリアやサブブランドの5G対応SIMを差し替えて使う場合には、低コストで使える選択肢になります。

予算3万円台のSIMフリーAndroid:1億800万画素カメラなどの機種も

 3万円台のミドルクラスになると、背面に複数のカメラを搭載したモデルはもちろん、6400万画素や1億800万画素といった高画素センサーを採用したモデルも選べます。

1億800万画素カメラの「Redmi Note 10 Pro」 1億800万画素カメラの「Redmi Note 10 Pro」

 カメラの数や解像度の高さだけで画質が決まるわけではありませんが、より低価格な2万円台のスマホと比べると、ひとクラス上のカメラ体験が楽しめると言えるでしょう。

予算3万円台のSIMフリーAndroid:基本スペックもアップ

 スマホの価格帯によって、基本スペックにも差がでてきます。3万円台のミドルクラスになると、ストレージ容量が128GBのモデルも多くなり、さまざまなアプリをインストールしたり、画像や音楽、動画を保存したりする場合に余裕がでてきます。

6GBメモリと128GBストレージの「Redmi Note 10 Pro」 6GBメモリと128GBストレージの「Redmi Note 10 Pro」

 プロセッサーもエントリーモデルより処理能力がアップしたものを採用。メモリが6GBの製品では、よりサクサクと動作するようになります。

予算3万円台のSIMフリーAndroid:注目モデルはこれ!

収納式スタイラスペンを搭載 「moto g PRO」

 モトローラ「moto g PRO」は、本体にスタイラスペンを収納できる4Gスマホ。手書きのメモやイラストなどを指でタッチするより繊細な操作ができます。ディスプレイは6.4型フルHD+(2300×1080ピクセル)液晶です。

「moto g PRO」 「moto g PRO」

 カメラは4800万画素のメインカメラ、200万画素のマクロカメラ、1600万画素の超広角アクションカメラを搭載したトリプル構成。バッテリー容量は4000mAhで、1回の充電で約2日間駆動できるとしています。

 直販価格は3万5800円(税込、以下同)。カラーはミスティックインディゴのみの1色展開です。

6400万画素のクアッドカメラシステム 「moto g30」

 モトローラの「moto g30」は、6.5型HD+(1600×720ピクセル)液晶ディスプレイを搭載した4Gモデルです。

「moto g30」 「moto g30」

 6400万画素のメインカメラを中心としたクアッドカメラシステムを採用。128GBのストレージも特徴です。5000mAhの大容量バッテリーは約2日間の駆動を実現しました。付属の急速充電器を使うと、約20分で最大約12時間分の急速充電が可能です。

 カラーはダークパールとパステルスカイの2色。直販価格は2万7800円です。

1億800万画素4眼カメラ搭載 「Redmi Note 10 Pro」

 Xiaomi(シャオミ)「Redmi Note 10 Pro」はリーズナブルなSIMフリー端末ながら、1億800万画素のハイスペックなカメラを搭載した4Gモデルです。

「Redmi Note 10 Pro」 「Redmi Note 10 Pro」

 ディスプレイは6.67型フルHD+(1080×2400ピクセル)の有機EL。カメラは1億800万画素のメインカメラに加え、800万画素の超広角カメラ、500万画素 の望遠接写カメラ、200万画素の深度センサーを加えたクアッド構成です。

 5020mAhのバッテリーを搭載し、通常使用で最大2日間の駆動が可能としています。急速充電器も付属します。メモリが6GB、ストレージ容量が128GBという点も見逃せません。

 実売価格は3万4800円。カラーはグレイシャーブルー、グラディエントブロンズ、オニキスグレーの3色となっています。

5G通信に対応したSIMフリーモデル 「TCL 10 5G」

 「TCL 10 5G」はその名の通り5G通信に対応したモデルです。AndroidのSIMフリーモデルのとしては、最もリーズナブルな価格帯で入手できるのがうれしいポイントです。

「TCL 10 5G」 「TCL 10 5G」

 ディスプレイは6.53型フルHD+(1080×2340ピクセル)液晶。6400万画素のメインカメラ、200万画素の深度センサー、500万画素マクロカメラ、800万画素の118度超広角カメラの、AIクアッドカメラを搭載し、インカメラは1600万画素です。

 ストレージ容量128GB、メモリ6GBと基本スペックも充実しています。直販価格は3万9800円。カラーはマーキュリーグレーとクロームブルーの2色です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 防寒性が高い「フリースパンツ」おすすめ5選 暖かい&着心地抜群なパンツで寒い冬を快適に!【2022年1月版】
  2. 【ドクターマーチン】ヘビロテ間違いなしのドクターマーチンおすすめ5選 定番モデルから個性的なデザインまでお気に入りを見つけよう!
  3. 【2022年福袋】お茶の専門店「ルピシア」の福袋を買ってみた! お得すぎる内容に驚き!
  4. ニトリの「あったかアイテム」おすすめ5選 「Nウォーム」シリーズの毛布は機能性が高く優秀!【2022年1月版】
  5. 「カセットガスストーブ」おすすめ5選 手軽に暖かく、どこにでも持ち運べる!【2022年最新版】
  6. 「カラーマスク」おすすめ4選&Amazon売れ筋ランキング 顔色を明るく!【2022年1月】
  7. 「ビールもOK」 炭酸飲料を入れられる“国内メーカー唯一”の真空断熱ボトル、タイガーが1月21日に発売
  8. 【西川ダウン】「ダウンジャケット」おすすめ5選 高級ダウン並みの防寒性の高さとおしゃれを兼ね備えた優れもの!【2022年1月版】
  9. 「クレジットカード」「デビットカード」「プリペイドカード」は何が違う? お店でもネットでも状況に応じて使い分けると便利!【2022年1月版】
  10. 「アルファ」や「アヴィレックス」がセール価格に! MA-1やN-3Bなどのミリタリージャケットがお得に買える【Amazon 初売り】